検索順位が変動している。

9月下旬のグーグルのコアアップデートによって弊社で製作したサイトの順位が下がりました。
ここ3年間一位をキープしていたサイトも今回のアップデートには耐える事ができなく現在10月3日時点で3位まで下落しています。(1キーワード)
複数キーワードで1位をキープしていましたが、各キーワードで下落が見られたので対策を急いでいます。

今回いろいろ調べてSEO業界の重鎮たちのサイトやツイッターなどを細かくチェックしたりいろいろしているのですが今の所対応策が見えてきません。
ただ弊社の管理サイトはLP風縦長ページのものがほとんどでありそれらのサイトが下落している事
大手企業のコーポレートサイトでの域店舗ページが上位表記されている事
上位表記されている大手企業地域店舗ページの内容はほとんど薄いものが多く以前ならなぜ1位にあるのかわからいと言った評価だった
下落を確認できたものに語句順違いはどちらかが残っている場合が多い事

しかしここで下手にサイトをいじって今以上に下落する事は防ぎたいのでもう少し経過を観察するしかないのではないかという判断をせざるをえないのです。

こうなるとSEOってってなってしまいませんか?
いままで順位をキープ出来ていたものが急に下落してしまうとSEOって・・・思ってしまいます。
弊社は特にSEO推しでもないのですがただサイトを制作する際は極力上位表記させたいので、それなりの施策を組み込んだページを製作してきました。
それが結果的に検索順位で上位表記することに繋がったわけです。
しかしそれがあるためにその他の販促活動を行っていない会社はグーグルのさじ加減で死活問題になってしまいます。
つまりWEB戦略とアナログ戦略を平均的に行っていなかった会社、SEOにばかり目を取られていた会社は大変だということです。
まあSEOって企業戦略の中のWEB戦略の戦術の一部でしかないので他にも仕掛けはありますのであまり心配はしていないのですが・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。